【自由が丘カフェ】サンセットコーヒーはスタンドのみの街のカフェ

サンセットコーヒーは自由が丘の 街のコーヒースタンド

自由が丘という街は、独自の空気を持っている。

 

どこか 庶民的な地域の商店街というニュアンスを根本に残しながらも
オシャレで心ワクワクするいろいろなユニークなお店が点在している。

 

大きなデパートやファッションビルはなく、
細く入り組んだ小さな道をあちこち歩くと

 

ところどころに わ!可愛い! 素敵!

 

と思うお店がある。

 

サンセットコーヒーは
そんな自由が丘の 裏道にある
テイクアウト&お店の前のベンチ席のみの
コーヒースタンドである。

自由が丘サンセットエリアって?

お店の正面にこんな手書きっぽいマップが。
自由が丘の地図である。

 

ちなみにお店の横にあった
この金属の箱(?)の上にも
自由が丘の地図が書いてあった。

↑ この黒い太い線の描画を見た瞬間、

 

「あ! これ 自由が丘の地図ジャン!」

 

と気づく人はかなりの自由が丘を知っている人だな。

サンセットエリアは目黒区が制定した 特別な商業区域なのだ

目黒区の地区計画の中で、
「サンセットエリア」といって特別な地区計画で定められた
自由が丘1丁目・2丁目エリアがある。

 

このサンセットコーヒーというのは
このエリアの象徴的な店舗として
街を魅力的に、街をもっと楽しむためにOPENした
カフェなのだということがわかった。

 

参照引用元:目黒区ホームページ

地域のみなさまからのまちづくり提案の内容をふまえ、

細街路に建ち並ぶ

店舗の自由で個性的な演出の
工夫が活きる魅力的な街並み

の創造をはかるために策定されました。

 

自由が丘って、
ゴミの収集者が夜中に来るとか、
駅前に変なものが出来ないように制限しているとか
私道を石畳にしたり、

「町が魅力的であるためにどうするか」

ということを
とことん商店街の人や地主さん、
住民の人が考えて育て作られている街なのだということを
聞いたことがある。

 

うーーん。納得。
こういう努力があって

 

オシャレで素敵な街は守られ育つのだ。

 

ちなみに、代官山も そういう街つくりの
制限というか、策定が強いらしい。
街にファストフードやチェーン店の居酒屋や
パチンコ店・宝くじ店舗が出来ないのは
そういう制限が働いているからなのだそう。

 

自由が丘のサンセットコーヒーは イートインはなし

こちらサンセットコーヒーは テイクアウトか
お店の前のベンチに座って飲むスタイル。

 

お店の看板にもそう書いてある。

↓ 「コーヒー飲みながらぶらぶら自由が丘を歩こう!」

 

っていうコンセプトなんだな。

お店の前の可愛いイラスト。
コーヒーフロートが美味しそうだな。

 

ベンチに座ると前は Aesopというコスメショップ。

 

私はこの日はアツアツの美味しいコーヒーをゆっくりベンチでいただいた。
車も通らない 静かなこの自由が丘の小道は
本当に座っているとホッとできる小道だ。

 

時々人は通るが、
あくせくした勤め人って感じの人はおらず、
自由が丘マダムか、
カワイイ自由が丘巡りをしている女子たちか。

 

最近は海外からの訪問者が大量に押し寄せている
自由が丘だが、

 

ちょっと 他にはない独特の街の雰囲気に
日本のリピーターの旅行者の方も
訪れて楽しんでいるのだろうな。

 

雑貨店やインテリアショップ、
個性的な飲食店。

 

大きな都心の繁華街にはない、
そして 新しくピカピカに出来た 郊外の街にもない
自由が丘だけが持つ空気。

 

このサンセットコーヒーで
コーヒーをゆっくり飲んでいると

 

そんな空気を思う存分満喫できる。

 

むしろ、混んでいる自由が丘のオシャレカフェや
キャツキャツと女の子の多いカフェよりも

 

むしろ 天気のいい日はこのスタンドの
ベンチに座っていた方がはるかに落ち着いたコーヒータイムになる。

 

自由が丘 サンセットコーヒーの アクセス・情報は?

 

こちらは 「パンとエスプレッソと自由形」から
すぐの場所。

 

AESOPが曲がる角の目印。

 

 

 

月曜~ 金曜は 10:00~17:00
土曜・日曜は 11:00~18:00

 

が営業時間。

 

お出かけ前は念のため
公式ホームページでご確認を。

 

自由が丘のカフェはまだまだ、たくさん!

 

いいカフェ見つけたらどんどん
ブログにアップしていきます!

 

サンセットコーヒーの地図↓↓

東京都目黒区自由が丘1丁目26−14<br />
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました