【湯島カフェ】みじんこは自家焙煎の喫茶店 ホットケーキは14時から!

みじんこは 湯島と御茶ノ水の間にあるカフェ

 

みじんこは、

 

「良質な珈琲をセンスフルな空間で楽しむ」

 

がコンセプト。(公式ホームページに書いてあった)

 

女性一人でも入りやすい喫茶店だ。

 

そう、「カフェ」でなく、「喫茶店」と呼ぶべきお店である。

 

湯島駅から行こうか、
お茶の水から歩こうか、迷ったが、

 

御茶ノ水駅から行くことに。
川を渡り、どんどん坂を上る。
1本道なので迷わない。

 

小さな看板を見つければ到着!

 

坂を上っていくと、この小さな看板に気づく。

開店と同時に入店!

 

こういう小さなカフェというか街の喫茶店は
近所のオフィスの方が昼ご飯を食べにくるだろうから

 

12:00前に入店しようと思い、
開店11:00と同時に入店。

 

お店の前にはメニューがわかりやすく掲示

↑ そう!これこれ! このホットケーキ食べたいの。

 

これ、今川焼のようだ・・・・

 

↓飲み物のメニューもご丁寧に
お店の前に ガラスケースに入って掲示されていた。親切💛

 

看板もアプローチも渋く センス良し

このお店の看板、 毛筆のようなロゴが渋い。
でもミジンコちゃんのキャラが可愛い。

お店の正面は和風の飾りつけ。

入り口は奥にあるのだが、そのアプローチに 点々とアートが飾られている。

店内はどんな雰囲気?

 

店内は広くない。席数も30席足らずかな。
カウンター席やテーブル席もある。

 

お店の奥にもテーブル席があった。こちらが落ち着きそうだ。

奥の席からお店の入り口方向を見る。
こちらの壁際大きいテーブル席はお一人様の男性が
座ってサクッと食べていた。

謎の仏頭が・・・

私の座った席の隣にアートっぽっく 仏頭。
オーナーの趣味だろうか、
アート本も飾ってある。

みじんこは ランチタイムは かき氷とホットケーキは注文できない

実は 私、はるばるこのカフェに来たのは
先ほども申し上げたように
分厚いホットケーキが食べたかったのだ。

 

公式ホームページから 正式な画像をお借りした↓↓

 

が、お店に入って気づく。

 

「ホットケーキは14:00以降入店のお客様のみ」

 

だそう・・・

 

早めにランチタイムから居座って
14:00になったら注文、というのもNGなのかも。
入店、と書いてあったから。

 

ちなみに、昼時にコーヒーだけケーキだけ頼むのがNG、
という訳ではないようだ。
昼時バタバタするのに
ホットケーキとかき氷が手間がかかるから、という理由のようだ。

 

昼ご飯代わりにホットケーキを食べようと思っていた私は
がっかりする。

 

まあ、お昼時、ランチのサンドイッチを作るのに忙しいから
ホットケーキとかかき氷を作っている暇がないんだろうなあ。

 

それに 昼時はちゃんとランチ食べてください・・ということなのか。

 

みじんこのランチメニューは?

お店の前にも美味しそうなサンドイッチの写真があったので、
気を取り直してランチを頂くことにする。

飲み物込みで1000円以下の物が多く、良心的。

 

・・・・・いや、これが普通なのだ。

 

最近 表参道や青山あたりの、
やたら高いサンドイッチランチ(2000円とかザラ)に慣れているせいか
金額間隔がマヒしている自分に気づく(汗)

 

みじこんの サンドイッチランチのお味はどう?

10分足らずでランチが運ばれてきた。
ちなみに紅茶の方が先に到着。
うーーん。できれば紅茶は後に来て欲しかった。
食事を食べているうちに紅茶は冷めてしまうから。

サンドイッチ拡大。

 

レモンのサラダチキンとブラックオリーブソースのサンドイッチ。

 

木製の四角いお皿に乗せられている。
付け合わせとして ポテトサラダが付いていた。

 

お味は?

 

注文を受けてからサンドされているから
パンも暖かく、手作りの美味しさがあった。
中のチキンも爽やかなレモン味。

 

でも

 

ちょっと味、薄かったかな?
物足りない感じがあった。

 

これでランチはおしまいとか、
男性は足りないだろうな。

 

しかも、今回 自家焙煎のカフェなのに
何故か紅茶を頼んでしまった私。( ゚Д゚)

 

ホットケーキが食べられないとわかったショックゆえに
思考回路が もたついたのだ。。(笑)

 

あーバカバカ。

 

紅茶もポットサービスだと良かったな。
カップだとどうしてもすぐに冷めてしまう。

みじんこの 居心地は?

こちらのカフェは 照明はやや暗め。
音楽もかすかに流れている程度の上品な雰囲気。

 

ゆっくり寛げて居心地いい・・・・

 

かと思っていたが、

 

残念ながら 赤ちゃん連れのベビーカーのママ軍団+女性のグループが2組来て
かなりの大音響でおしゃべりが開始されたので、静寂はなかった。。。。
あかちゃんの泣き声よりもお母さんたちの声の方が大きいんだもの。

 

彼女らがずっとダイエットの話をしていたので、
辛かった。(笑)

 

どうして女性って 飲食店でダイエットの話をするのだろう?
夕食抜きとか言いながら ケーキを食べるその姿・・・(笑)

 

店内の席の間が狭いので、隣の人の会話が気になる感じかな。
ま、イヤホンで耳をふさぐしかありません。

 

お店の壁に謎の人の写真、イラスト?

↓↓お手洗いをお借りしたら
壁に人の行列が・・・ 謎の装飾だ。
でもこの人の行列に沿っていくとお手洗いがあるのでわかりやすいな?

 

お手洗いにも 仏頭が!

お手洗いも センス良く。
仏頭が飾られている。やはり これが装飾のテーマなのだろうか?
金箔っぽい壁紙といい、お寺っぽいインテリアだ。

 

私はこの仏頭を見てふと新宿パークハイアットのピークラウンジ
カフェを思いだした。

 

メニューに仏頭があった あのメニュー。

 

とくに関連性はないと思われる(当たり前)

湯島の みじんこ ってどんなカフェ?

 

外観も店内もお手洗いも 整えられ、
センスの良い、喫茶店だ。

 

そう、いま 流行りの「カフェ」というよりは
「喫茶店。」

 

美味しいコーヒーやケーキがいただけて
昼時にはサンドイッチなどのランチも供する。

 

湯島という場所柄、
ちゃらいカフェはなく、
こういう 落ち着いた喫茶店がピッタリだな。

 

ちなみに このみじんこの近辺は
いわゆる昔ながらの「喫茶店」というお店が点在するだけで、
ささっと立ち寄れるセルフ形式のカフェ(スタバとかタリーズとか)
が本当に少ない。

 

坂を下りていくとドトールがあるくらいだ。

 

湯島は歴史ある街。

 

だから昔からある喫茶店だけなのかもな。

 

ま、御茶ノ水駅まで行けば セルフ式のカフェなんて
たくさんあるしね。

 

湯島は湯島で この趣を守った街でいてほしい。

 

みじんこはどんな時に訪問がおすすめ?

 

正直言って、ここにわざわざ電車に乗って来るのは
あの見た目も面白い「ホットケーキを食べる」
という目的がある人だけだと思う。

 

サンドイッチもまあ美味しかったが、
このサンドイッチだけのために
または コーヒー1杯飲むだけに
駅から10分歩く人はいないと思う。

 

まわりは特にビルや会社があるだけで何もない。

 

お茶の水や湯島天神?に用事がある人が
ホッと休憩するのに使うのはあると思う。

 

ほら、まわりに「カフェ」がないから(笑)

 

でも近所の方や
近辺で働いている方は

 

きっとリピートしていらっしゃると思う。

 

居心地よく、センスのいい店内で
コーヒーも品質にこだわっている。
いろいろ メニューも考えられている喫茶店だ。

 

もしかしたら土日の方が客層がいいかもしれない。

 

平日はママ軍団やオバチャン軍団に占拠されたら
静寂のない喫茶店となってしまう。

 

注意:主婦軍団は土日は家にいるご主人や子どもたちの
お相手をするために 喫茶店で集まり時間をつぶすことはあまりない。

湯島のみじんこ アクセス・行き方は?

 

御茶ノ水駅から行くと、かなり坂を上るので、
湯島駅から行った方が楽だ。

 

帰りは そのまま
下り坂で御茶ノ水駅から帰るとラクチン。

 

歩く道さえ間違わなければ
迷わないと思う。

 

営業時間は11:00から。

 

お出かけ前は念のため
公式ホームページをご確認を。

 

次回、また湯島近辺に来る時があれば
14:00に入店して

 

アつ切りホットケーキに
リベンジチャレンジしたいと思います!

 

↓↓ みじんこの地図はこちら

東京都文京区湯島2-9-10
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました