【浅草カフェ】FUGLEN浅草 ノルウェーワッフルは焼きたて!

FUGLEN、  浅草に進出!?

以前、こちらの記事でもご紹介した奥渋のFUGLEN TOKYO。

→→ FUGLEN TOKYO

 

代々木公園駅からほど近く、奥渋エリアで大人気のカフェだ。
ノルウェー発の北欧の香り漂う素敵な空間だ。

 

ただ めちゃくちゃ混んでいる。
店内そんなに広くないのに、人がわんさかだ。

 

この度、浅草に2号店ができたと聞き、
浅草に出かけるついでに 立ち寄ってみた。

FUGLEN 浅草はどこにあるの?

■MAP表示■
右上の□をクリックすると全画面に切り替えになります。

東京都台東区浅草2-6-15

FUGLENカフェは賑わう商店街のど真ん中?

浅草寺は雷門から少し歩き、
浅草のもっとも賑わう繁華街のど真ん中にある。

 

実は、代々木公園店はひっそりと知る人ぞ知る、住宅街の中にあるカフェだったので、きっと浅草店もそんな感じで「えええ!こんなところにカフェが!!」みたいなお忍びな場所にあるんだろうな~と思ってお出かけ。行ってみて驚いた。

 

飲み屋で賑わう人、観光客、買い物客が大量に行きかう交差点の角地にどん!とそびえたっていたのである。

※外観写真は公式サイトからお借りしました。

角地に立つ、1・2Fガラス張りの目立つ外観。

こちらのカフェは1・2Fと2フロアある広いカフェだ。

 

フグレン 浅草はどんな雰囲気の内装?

代々木公園店も北欧のヴィンテージ家具が素敵な空間だったが、こちらのカフェはそれが広くなってさらに素敵になった感じだ。

やや気になったのは、照明が明るすぎ!
なんかコンビニか会社のような白いLEDの光。

 

どうして北欧のお家のようなインテリアなのに、こんなに明るいの??照明計画が失敗では・・・??

1Fカウンターまわり

店内ガラス張りで明るいし、外からも店内が良く見える。

カウンター内部のスタッフは大忙し。コーヒー淹れたり、
ワッフル焼いたり。

2F席があり、寛げる

2Fに上がるらせん階段から1Fを見下ろしたの図。

・・・・・もう 欧米かっっ!!!って感じ。(←古い)

2Fに上がると、まったりと静かなソファ席が。これ、寛げそう。ラブラブカップルのデートに最適ですよ!!

FUGLEN 浅草はメニューは何があるの?

カウンター上のメニュー表。
こちら、飲み物メニューは沢山ある。

 

ドリップコーヒーは本日のレギューラーコーヒー360円。お代わり160円。ハンドドリップだと620円。という値段だ。

 

その他、もちろんカプチーノ系もあるし、紅茶やそば茶、ホットチョコレートもある。

 

フードメニューは何があるの?

食べ物も、ペストリー(パン)や甘い焼き菓子系が豊富。でも何といっても、ここに来たからには

 

「ノルウエーワッフル」でしょ!!

注文してから焼いてくれるので熱々。焼きたてだ。
私は敢えて何もつけないで「プレーン」で注文。

 

「クリームとか、何もつけなくていいんですか?」

 

って店員さんに念押しされた。
そんなにプレーンを頼むのは珍しい客なんだろうか?

 

でもこういう食べ物ってクレープもそうだけど、何もつけない方が美味しいと思っている私。決して節約してケチっているわけではない。(笑)

 

この、ワッフル、モチモチ!!

 

フワッとしているのに、お餅みたいな食感。ほんのり甘く、とっても美味しかった。何もつけない方が絶対に美味しい。(←しつこい)

 

本日のレギューラコーヒーは酸味が効いて、薫り高い。ワッフルとぴったり合って、幸せなおやつタイムだった・・・・

 

FUGLEN 浅草に なじんでいる?

 

今回、浅草の下町っぽい、「ザ・日本」という雰囲気の街に突如現るるノルウェーのカフェが、果たして大丈夫かしら・・・と思っていたのだが、違和感なし。

 

そもそも、浅草って「食い倒れ、飲み倒れ」の街だ。延々と飲食店が軒を連ねている。

 

そんな人々が社交のため、外食ため、外で飲み食いするために集う街、浅草に、カフェができてもおかしくない。

 

そして このFUGLENは お客様の4割が海外の方。インターナショナル!グローバル! 浅草にふさわしいのかもしれない。

FUGLEN 浅草は営業時間は?

 

 

毎朝 7時からやっている!!

休みなし!!

月:7時00分~22時00分
火:7時00分~22時00分
水:7時00分~1時00分
木:7時00分~1時00分
金:7時00分~2時00分
土:7時00分~2時00分
日:7時00分~22時00分

 

凄い、水曜日から土曜日は夜中までやっている・・・
終電ないんじゃ??

 

でも、朝ご飯をここで食べてもいいなあ。
浅草巡りのスタートはノルウェー発のワッフルで。

 

そのあと、すき焼き、てんぷらそば、釜飯、雷お越し、なんでもござれ。暗くなれば、居酒屋で一杯。神谷バーで電気ブラン。

 

カロリー過多、アルコール過多。結構。てやんでぇ。
粋な江戸っ子は、流行りのものに敏感なのだ。

 

・・・意味不明なブログ、この辺で終了。

 

ぜひ浅草にお出かけの際はFUGLEN 浅草店にお立ち寄りを。

 

広くお洒落で店内スタッフの方もイケメン・美女ぞろい。キビキビ働くスタッフの方気持ちいいインテリアも素敵なカフェです。

 

あ、もちろんコーヒーも美味しいですよ!
お出かけ前は念のため、公式ホームページでご確認を!

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました