【蔵前カフェ】菓子屋シノノメと喫茶半月 大人ONLYの優雅なカフェ

菓子屋シノノメは 蔵前にある焼き菓子のお店

■MAP表示

東京都 台東区蔵前4-31-11

 

大江戸線、蔵前駅からすぐ。浅草からも歩ける。 国際通りという大きな通りに面しているので見つけやすいお店だ。

 

菓子屋シノノメはどんなお店?

 

入り口からしてシック。ガラス張りなので、入りやすい。

このお皿に並べられた魅惑の焼き菓子たち。これに心揺さぶられる私。

焼き菓子は、スコーン、クッキー、マドレーヌ、シナモンロールやパウンドケーキなど。種類は豊富だ。

この白いレースカーテンの奥が厨房。パティシェさんたちが忙しそうにお菓子を焼いていた。店内はバターのいい匂いが立ち込めているのだ。。。。

喫茶半月は2Fにあるカフェ!

菓子屋シノノメはテイクアウトのみの焼き菓子屋さんだ。
この店舗内に、2Fへあがる階段がある。

この階段上が 喫茶「半月」だ。

 

喫茶 半月は 団体とお子様お断り?

階段入り口に 注意書き。

 

・4名以上はご案内しかねる(→団体客は ちょっと・・・ということ)
・小学生以下はご遠慮してほしい(→大人のカフェです、ということ)
・3Fに(多分)住人がいるので静かに(→騒がないでねということ)

 

という内容だ。要するに、

 

静かにケーキとコーヒーと大人の会話を味わって過ごしてほしい。

 

というお店のコンセプトを守ろうということかな。雰囲気もこげ茶のシックな内装で、「大人の雰囲気」だ。しっとりと時間を過ごすべきカフェなのだなあ。

喫茶半月の内装はどんな感じなの?

 

2Fに上がる。

1Fと雰囲気は統一してあり、シックな内装だ。かなり広く、席数もある。

お水はセルフサービス。

カウンター席がかなりある。

カウンター正面の棚に並べられたカップが「喫茶」という感じで素敵。

喫茶半月のメニューは何があるの?

こちら2Fのメニューは、一階で売られているお菓子類とは違う生ケーキを楽しめる。

メニューの撮影にまた失敗。ぼやけているし・・・

 

コーヒーと紅茶が500円、という値段だ。アルコールもある。

 

お菓子はロールケーキ、オペラ(チョコケーキ)、パンナコッタ、チーズケーキなど。この日は夕方訪問ゆえ、半分がSOLOUT….残念。

 

レアチーズケーキとアメリカン。ケーキはかなり甘さ控えめ。
コーヒーが優雅なノリタケのカップ&ソーサーで出てくるのがいいな。  

連れが注文したマンゴージュースとパンナコッタ。

コーヒーは薫り高く、スイーツは、甘さがかなり控えめ。パンナコッタはアーモンドミルクの味が濃厚。美味しかった。

 

1Fにあるパウダールーム。

ここはちょっと残念な感じ。お店が素敵すぎる割に、ちょっと手抜きかな??洗剤とかストック品はもうちっと隠した方が・・・(ウルサイ客だ)

喫茶シノノメで スコーンをテイクアウト

喫茶では、生ケーキを食べたので、焼き菓子は買って帰ることに。

スコーンを買った。

家のお皿に乗せた図。

 

四角くて、サクサク。ちょっとパイっぽいスコーンだった。美味しいけど、個人的にはもうちょっとモソモソと柔らかめのスコーンが好きかな。

 

菓子屋シノノメと 喫茶半月は営業時間は?

 

こちら、注意。 金曜日、土曜日、日曜日のみ営業・・・と聞いていたが
私が訪問した日には

 

「木曜の営業も始めました」とアナウンスが。

 

月曜日、火曜日、水曜日 →  お休み!

木曜日、金曜日、土曜日、日曜日 → 営業。

 

営業時間は 12:00〜18:30。

 

とにかく営業時間が短いので、
狙って訪問しなければならない。

 

そしてスコーンもケーキも売り切れてしまうので、
早めの訪問がお勧め。

 

久しぶりに、素敵なうっとりする焼き菓子のお店&喫茶店を見つけた感。
最近流行のお洒落カフェとはちょっと違う雰囲気。

 

ワンピースを着て出かけたい、そんな雰囲気のカフェですね。

 

デートにもお勧めです!!

 

お出かけ前は最新情報が更新されていると思われる
公式インスタグラムでご確認を。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました