【中目黒カフェ】スターバックス・リザーブ・ロースタリー東京のレビュー!2月28日OPEN!

中目黒に新しくOPENした 特別感あふれるスターバックス。
大混雑するOPEN初日に行ってきました!整理券発行って本当? 並んででも行く価値あるの?
目黒川の桜を楽しめるテラス席はあるの?詳しくレビューします!

スターバックス・リザーブ・ロースタリー東京はどこにあるの?アクセスは?

中目黒の目黒川そい、山手通りのドン・キホーテ隣に巨大にOPENした
スターバックス・リザーブ・ロースタリー。

国内で初の焙煎所併設の特別なスターバックスです。

■MAP表示■
右上の□をクリックすると全画面に切り替えになります。

東京都目黒区青葉台2丁目19−23

山手通り側からみた外観。

このビル地下1Fから4Fまでが、全てがスターバックス!!
と言うのですから、その大きと広さはすごいのがわかるよね。

中目黒駅からはちょっと歩くかな。10分ぐらい。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー
混雑しているの?待ち時間は?

私がOPEN日(2月28日 木曜日)の午前9:30に到着した時点。
すでに整理券番号が3000番台!!

待っている人は399人だって!!!!

とにかく大混雑!まずは 整理券をもらわないと始まらない!

先行優先の入場券は事前にスタバのホームページから抽選で選ばれている人のみ持っている。
その優先チケットを持っていない人は、当日店内に入るには、とにかくまず、この「整理券」をもらわないことには並ぶことすら権利がない。

↑↑ スタバのドン・キホーテの隣に、なんと「整理券」を発行するためだけの
特設会場が設けられているのだ。びっくり。

↓↓沢山の人が整理券を発行してもらっていたよ。

整理券にあるQRコードを読み込むとメールやLINEでお知らせが!

「何時間待つんだろう・・・・」という 不安が押し寄せる。(←大げさ)

でも、気長にまとうと腹をくくる。

この整理券にあるQRコードを読み込むと、お知らせがメールやLINEに来るようなシステムに登録できるようになっているのだ。今何人待ちなのかもわかるようになっている。

2時間で90人しか待機人数が減らない!

11:20。約2時間経過する時点で 待っている人がやっと300人になった。
90分で90人進んだ。・・・ということは1分に一人。あと300人ということは

300分??5時間???

5時間あと待たなきゃいけないの????

夜になっちゃうよ!!!

と悲鳴を一人挙げたところで

「ピロリ――ーん♪♪」

順番が来ました。受付に来てください。

とのメッセージが。LINEとメールに来た。

あと300人いるのに何なんだろう・・・・・・わけわからん。

受付に行くと やっと待ち行列に並べた

このLINEに順番が来ましたよの連絡が着ても、すぐに店内に入れるわけではない。
まずはこの 「入店待機列」に並ぶ権利がもらえるだけである。

入店待機列に並ぶと 意外にも すぐに入れた!

またどんくらい待つんだろう・・・と不安になっていると、
意外にもすぐに「ではこちらの5人様、どうぞぉ~~」と入店を許可される。ホッ。

いよいよ入店だ!!!2時間待ったぞ!!!(近くのカフェで)

かっこいい外観は、今をときめく建築家、隈研吾先生の設計だとか~

スターバックス・リザーブ・ロースタリー
店内はどんな雰囲気?広いの?

まずは沢山写真をとにかく撮ったので、それをひたすら並べてみる。しばしお付き合いのほどを。

店内とにかく至る所に美味しそうなペストリーやケーキが沢山!
このケーキやパン類はこの店舗でしか食べられないものだって。

こちらのパンやケーキは、ミラノのベーカリー「プリンチ®(Princi)」のものなんだそう。日本初上陸だって。

圧巻の吹き抜け。迫力ある。

豆がいたるところに。チューブで繋がっているようだが、詳しいこと聞けず。。。

この右のピンクの銅板??でできた巨大な金属が焙煎機。

下げ台も木製でできていて、高級感。

2Fへ上がる階段の壁。コーヒーカップが埋め込まれている。すごいデザインだ。

2Fからベーカリーコーナーを見下ろしたところ。
ここのスタバはかなりしっかり食事っぽいものが食べられる感じ。

2Fから目黒川を見下ろした風景。圧巻。

だんだんなんだか宇宙っぽいというか、SF映画っぽいというか、「未来の実験研究所」
って感じがしてきた・・・・・

↑コーヒーのドリップも半機械化されている感じ??

豆を焙煎しているので音がする。そしてほのかにいい香り。

2FはTEAが飲めるフロア!

お茶用のカップなどいろいろ物販も2Fに豊富。  

2Fから3Fへ上がる階段も壁がオシャレな内装!

階段の壁はどこもとことん工夫されている。
豆の種類のラベルがびっしり。

スターバックス・リザーブ・ロースタリーは、テラス席はあるの?目黒川の桜が見れる?

ここにスタバを作ったからには当然、目黒川の桜が見れる席は作ってあるだろう、と思っていたが、完璧なまでにテラス席が設けられていたよ。

この日はあいにくの雨で誰もいないけど、きっとお花見の季節は最高に気持ちのいいテラス席になること間違いなし!!!

3Fはお酒が飲める フロアだよ!

このスターバックスは、3Fはバーになっていて、
お酒が飲めるフロアになっている。

皆さん、午前中からオシャレなカクテルをグビグビ飲んでいらした・・・

4Fにある機械。

焙煎機が1Fから4Fまでの吹き抜けに!

ここの焙煎機、1Fから4Fまでの吹き抜けをぶち抜くように存在。
でもこんな風に桜のモビールのようなお洒落な飾り付けがしてあって、
不思議と武骨な威圧感は薄れている。素敵。

コーヒー豆の博物館のようだ・・・・

スターバックスリザーブロースタリーは
1F~4Fまでそれぞれ違う!

この店舗、1Fから4Fまで席が沢山設けられている。

ただ、一応 フロアごとに用途が区別されている。

↓↓館内案内板。

B1F は おトイレのみ。

1F:物販とコーヒーなどのソフトドリンク・パン、ケーキサンドイッチ類。

2Fはお茶が頂けるフロア。

3Fはお酒が飲めるフロア。

4Fはテラス席に通じるフロア。
そして、コーヒー豆がパックされていく工場のようなラインが見れる楽しい仕掛けが。

1Fでお会計して、4Fに行ってもいいし、どこに座ろうと自由。

スターバックスリザーブロースタリーのメニューは?
普通のスタバと違うの?

この店舗。普通の街中のスタバとメニューも値段も全く違う。

いわゆるカフェアメリカーノ、(エスプレッソをお湯足したもの)

サイズはトールの一種類のみで、

630円だ。

結構お値段する。

メニュー表はこちらです↓

メニューの字が・・・小さすぎやしないか?40歳以上には見えんよ。

メニューはいろいろあって豊富だ。

豆も選べるよ

とにかく、メニューが沢山あり過ぎて、選べなかったので
素直にお勧めのブレンドでアメリカーノを注文した・・・・・ふー。
(手はお店の方の手だよ)

2FのTEA フロアのメニュー

2Fはお茶のフロアなので、これまた色々あるよ。

スターバックスリザーブロースタリーは
居心地よし!

結局、1Fが人の出入りが激しくて落ち着かなかったので、
2FのTEAコーナーのカウンター席に座る。
隅っこなので落ち着く感じだった。

頂いたのはスタッフの方お勧めのジャムとアーモンドの入った焼き菓子風のタルト。

アメリカーノはトールサイズのみ。
カップがこの店舗のみの黒いカップ。

最初マグカップにしてもらおうと思ったが
記念に持ち帰ろうと思い、紙のカップにしてもらった。
黒がカッコイイ。

木のトレイも真新しい。当然か。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー東京の
トイレは?

B1Fのトイレは空いている。
混んでいたらB1に行くのがお勧め。

こんな感じで高級ホテルのようにシックでオシャレ~

1FからB1Fへ降りる階段にまで、手を抜かず装飾が。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー東京
中目黒店 訪問のコツは?

とにかく混んでいる。
この混雑はしばらく続くと思われる。
特に土日は混むだろう。

そして3月後半から4月初めのお花見の季節は
中目黒の訪問人口が一年で最も増える季節。
すんなりとは入れないと思われる。

まずはとにかく整理券をゲット!

とにかく時間に余裕をもって訪問して、
まずは整理券をゲットされることをお勧めする。

その後1時間か2時間はかかると思われるので、こんな時はここぞと、目黒川沿いのオシャレカフェに行き、そこでゆったりと待って過ごすのがお勧め。

目黒川沿いにも カフェが沢山あり、それもまた楽しい。

「どこにカフェはあるの?」

と言う方は、ぜひ私が自腹自足で訪問した中目黒界隈のカフェ情報を参考にしていただきたい。(笑)

↓↓

中目黒のお勧めカフェ12選!

スターバックスリザーブロースタリーの営業時間は?
優先チケットはもうないの?

営業時間は
7時00分~23時00分。

朝早くからやっているので、
アサイチ訪問がやっぱり 待ち時間なくていいと思う。

ただ、しばらく週末は優先チケットを持っている人しか
7-9時は入れないとのこと。

3月4日~8日の平日は7:00に突撃でも入れるようだ。

優先チケットが発行されている日はこちらから確認を。

↓↓

https://www.starbucks.co.jp/youkou/roastery/

中目黒の新しいスタバ
スターバックスリザーブロースタリーまとめ

なにせ、日本で初めての、世界でも五店舗しかないという
焙煎所併設の特別感ヒシヒシのスタバ。

メニューも値段も、店内の内装も違う。

でも

「すごい!!」の一言だった。

人のざわめきや、音楽や 焙煎機が動く音などが常時して、
結構うるさいにぎやかな感じかもしれない。

でも驚いたのが

スタッフの方がとにかく笑顔! 親切!

ということ。そりやOPEN日だったからかもしれないが、
それでもこんなに混んでいてうんざりしてくるだろうに、

「どうぞごゆっくり」
「またご来店くださいね」

と終始笑顔。

すんばらしい!!!!

スターバックスのお店って「気」がいいのが好き。

お店の方も、お客さんもウキウキ訪問しているからだ。

タバコくささと無縁なのもよい。

ぜひ、天気のいい日に訪問を!
桜の季節にテラスでコーヒー。

人生の幸せは そんな小さな時間にこそ ある。

結論:ちょっと並ぶけど、スターバックスが好きな方は、行く価値あります!

↓↓下記はOPEN前の 様子を記した過去記事です。

スターバックスリザーブロースタリー
OPEN前の様子

※こちらのスタバは 2月28日OPENです。現在工事中~

中目黒の新しいスタバは
ドン・キホーテ横にOPEN!

2月28日にOPEN予定の中目黒のスターバックスの建物の外観が、足場が外れ、見れるようになったので、ジロジロしてきた。(笑)

大きな新築の建物で、かなり立派。

この焙煎所併設のスタバの噂を聞いたときは、2018年の11月ごろできるというニュースを見たが、2月末にOPENということで、すこしずれこんだようだ。

中目黒駅から、目黒川沿いを歩いて行くとドン・キホーテの横にある。

ドン・キホーテのお客さんとスタバのお客さん。
お互いに交流、相乗効果??(笑) 微妙。

中目黒の新しいスタバ
リザーブ・ロースタリーって
普通のスタバと違うの?

こちらの新しい中目黒のスタバは、

・特別な高級なコーヒー豆を扱う
・焙煎所がある

という点で、他のスタバと違うらしい。

店内で焙煎された、特別な豆で淹れたてのコーヒーが楽しめるということ。

フード類も他店舗とは違うはず。

楽しみだなー

中目黒の新しいスターバックス、
まだOPEN前の予告です

こちら OPENしたら 訪問して
詳しくレビューしたいと思います。

OPENは2月28日!

中目黒は、すでに スタバが3店舗ある。

4店舗目。

このデパートもファッションビルも大型電気店もないような街に
スタバは何故4店舗もあるのか。

焼肉屋、飲み屋、カフェ、レストランは大量にある。

目黒川沿いは桜で有名だが、
クリスマスシーズンのイルミネーション、青の洞窟は、
あまりの大混雑のため、近隣住民から文句が出て中止。

でも、やっぱり 中目黒は面白い。
池尻大橋、代官山、この3角地帯。

感度の高いお店がこれからも増えると思われ。

チェック、カフェ巡り 続行していきます。

↓ 他のカフェブロガーの方の記事も見てみる ↓
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る