【六本木カフェ】ルパン・コティディアンは 六本木ミッドタウンの1Fのベーカリーカフェ テラス席がお勧め

 

六本木ミッドタウンにある ルパンはベーカリー併設のカフェレストラン

六本木ミッドタウンは、
1Fに広い広場があり、天井がガラス天井なので
雨をしのぎつつ、気持のいい光と風が味わえる空間だ。

 

半屋外空間というか・・・

 

そこに ルパン・コティディアンのカフェはある。
気取らず、気軽に入れるオシャレなベーカリーカフェである。

このパン屋さんはパンも美味しいが、
朝ご飯・ブランチメニューが豊富でお勧め。

 

↓朝ご飯メニュー。

この日は、軽く、赤枠で囲んだ
パンとコーヒーの「プチ・デジュネ」990円(税別)
というメニューを頼んだ。

 

このカフェは コーヒー類単体だと550円なので、
パンも一緒に頼んだ方がお得かなと思う。

コーヒーはポットサービス!! たっぷり飲める

 

このカフェが気に入っている理由は、
テラス席が気持ちいい、という他に

 

オーガニックコーヒーがポットサービスで出てくること。
カフェオレボウルのようなお椀に たっぷり2杯は飲める。

 

↓プチデジュネ はこんな感じ。
オレンジジュースも付く。

 

クロワッサンはさすが、美味しい。
他茶色いパンとバゲットは やや 乾いていて硬かったかな・・

バターの他のジャム類はセルフサービスで

バターが一切れ、デフォルトでついてくるが、
その他ジャムとか、チョコレートクリームが店内に用意されていて

「お好きな人はどうぞ」

というセルフサービスのスタンスのようである。

↓↓店内にあるジャム類。

これは、いいアイディアかも。
ジャムって、食べない人は残すし、
お代わりしたい人はたくさん取れるし、
無駄がないなあ。

 

↓店内も ナチュラルでいい感じ。
暑いときや寒いときは店内でも十分楽しめる。

でもやっぱり この光天井のテラス席が気持ちいいと思う。↓

 

↓店内のパンも 美味しそう。テイクアウトももちろんできる。

ルパンの朝食は、 エッグベネディクトがお勧め!

別の日の訪問でも朝ご飯。といっても10時ぐらいだけど。

↓↓ エッグベネディクトを注文。

一言でいうと、洒落ている。
優雅な六本木の朝ご飯、という感じである。お味も◎。

 

ルパンは どんな時に訪問がおすすめ?

 

こちらのルパンのカフェは、季節のいい時に
ミッドタウンの広場に面したテラス席がお勧め。

 

ここ、小さいお子さん連れのママも、座りやすいのでは?
小さな子ども達は、飽きたら
広場をチョコマカ歩き回っている。

 

でも車の往来もないし、安心してみていられる。
多少 大きな声で騒いでも 吹き抜けで屋外なので気にならず。

 

オシャレで綺麗な若いママたちも良く見かける。

 

大き目のテーブルもあるのでグループも利用しやすいし、
それぞれのお腹の空き具合で メニューをチョイスできるので
便利だと思う。

 

また、ルパンは都内に渋谷ヒカリエや
東京オペラシティにも店舗があるが、

 

カフェ利用なら断然ここ 六本木ミッドタウン店がいい。

 

この圧倒的な吹き抜けの テラス席が気持ちいからである。

 

また、夜のしっかりディナーコースやお酒が充実しているのも
ここ六本木店の特色である。

 

夜カフェにもお勧め。

 

ルパン・コティディアン 六本木ミッドタウン店の情報は?

こちらのベーカリレストランは
朝早くからやっている。
そして ノンストップで夜遅くまでやっている。

 

7:30~23:00 (22:00 L.O.) の営業。

 

お酒も飲めるし、コース料理もある。

 

ミッドタウンの中にはそれこそ、たくさんのレストランがあるが、
フラッと予約もなく、 気軽に入れて
その日の体調で食べ物・飲み物を注文できるお店・・・
という意味ではここは優れていると思う。

 

・・・このブログはカフェブログなので
あまりレストラン・食事メニューへの言及は
深入りしないようにしとこ。
食べ★グさんではないのだから。(笑)

 

カフェとしての利用でも十分楽しめる。朝も夜も。

 

どうとでも 使う人次第で楽しめる、
ふところの広いベーカリーカフェ&レストランである。

 

場所は六本木ミッドタウンの1Fの広場に面してあるので
迷わないと思う。

 

ちなみに

 

一言で「六本木駅」と言っても今日では範囲が広い。

 

六本木ヒルズは 日比谷線で来ると便利だが、
ここ六本木ミッドタウンは 大江戸線で来ると便利。直結。

 

ヒルズとミッドタウンは 近いようで やや 離れている。

 

六本木ヒルズと六本木ミッドタウン。

 

どちらが好きか。というよりは

 

それぞれうまく使い分ける。のがいいかな。

 

お出かけ前は念のため
公式ホームページでご確認を。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました