【銀座カフェ】椿屋珈琲店 銀座本店(花椿通り)は大正レトロな落ち着くカフェ

銀座はカフェ選びが難しい?

銀座って実はあまり気にいるカフェがない。

 

高級ぶっている割に美味しくないお店も多いし、
銀座SIXにあるディオールカフェとか、
同じ3000円払うなら、
高級お寿司のランチを食べれば良かった・・・・と思うくらいの値段の高さだ。

 

ドトールとかうっかり入ると

「銀座価格」になっていて、

驚いたりする。

 

・・・・お値段のことばかり言ってもしょうがないが、
あまりにいいカフェが少なすぎるので

 

もう銀座に行くと

 

「お茶は スタバでいいよね!」

 

みたいな感じになっていた。

 

ところが、ふと日経新聞に挟まれたチラシで

 

「椿屋珈琲店」がロケで使われていて、
クラッシックで素敵だなあ・・・と興味がわき、訪問。

椿屋珈琲店ってどんなカフェ?

珈琲マイスターが淹れる本格派のサイフォン珈琲を
高級感あるアンティークな雰囲気の中で
ゆったり楽しんでいただく喫茶店

上記は 公式サイトに書かれている「コンセプト」から引用。

 

そう、椿屋珈琲店は、本格的なサイフォン珈琲が
頂けるカフェだ。

 

そして、内装のコンセプトが「アンティーク」。

 

実は、こちら銀座店に来る前に
椿屋珈琲店は 池袋店に行ったことがある。

 

人と待ち合わせに 指定されて行ったのだが、
そのクラッシックさとケーキの美味しさと食器類の優雅さ、
ウエイトレスさんのメイドさんのような清潔感あふれるカワユイ制服にほれ込み、
すっかり気に入ってしまった。

 

ここ銀座店は、またさらに歴史があるようで、
最初にOPENした本店なのだそうだ。

 

店名の正式名称は

銀座七丁目花椿通り 椿屋珈琲店本店。

 

この「花椿通り」、というのが
お店がある通りの名前なのだそう。

 

椿屋珈琲店 銀座本店は 時がタイムスリップしたような 大正時代チックなカフェ

 

入り口の階段からすでにレトロ!

 

階段脇のガラスショーケース。

何やら古そうなコーヒーミルが展示してあった。

内装はレトロ!アンティーク感 たっぷり

内装のコンセプトは「大正時代」なのだとか。

天井。

三階にお手洗いがあるので上がったら、この感じ。

階段がノスタルジック。

禁煙席ブースの店内内装。クラシックだけど品があって素敵だなあ。
椅子の白いカバーがいい感じ。

椿屋珈琲店 銀座本店は 客層が違う!

ここ、椿屋珈琲店の銀座本店。

 

花椿通りというロマンチックな名前が付いている通り沿いにある。
銀座の目ぬき通りから
銀座パーラーの脇を入ったところの2・3Fにある。

 

とにかく 客層が上品だ。

 

シャレた帽子をかぶった紳士と上品な奥様。
黒いドレスのかなりご年配のご婦人。

 

かなーーり 平均年齢が高く、
私なんか 普段カフェでは 平均年齢上げている方なのに(わはは)
ココにいると、ヒヨッコ年下という感じである。

 

やったー ←意味不明

 

ビジネスマンのグループも多く、
銀座の大人の社交場・・・・
という空気すら流れる優雅なカフェである。

 

夕方からは、銀座の一流クラブのママ達の姿も見られるらしい。

 

椿屋珈琲店 メニューは何があるの?

こちら、メニューはとてもわかりやすい。

 

席に着くとメイドさんのような白いエプロンの
ウエイトレスさんがメニューを持ってきてくださる。

 

ケーキセットメニュー。

椿屋珈琲店はカレーとかサンドイッチも美味しくて有名。
私が訪問した時もみんな頼んでいた。

サラダランチ。ヘルシー。

 

飲み物だけ、は結構高い!1000円!

ランチやカレーが1000円台なので、油断する。
飲み物だけでいいや・・・と思うと
びっくり。珈琲だけ頼んでも1000円する!

都心の一流ホテルのラウンジ並みの金額だ。

こうなるとランチの金額がとてもお得に思えてくる。

 

ケーキが美味しい!

こちらの椿屋珈琲店、オリジナルのケーキが美味しいの。

 

この日はシンプルにベイクドチーズケーキを。注文。

椿屋珈琲店 食器が 優雅でゴージャス

 

最近東京のカフェ巡りをしていて
紙のコップに慣れてしまっているせいか、

 

ちゃんとソーサーに乗った高級なカップで
サーブされるととても優雅な気分になる。

 

青山や代官山のような最先端のオサレなカフェではないが、
銀の食器ロイヤルコペンハーゲンの食器、
丁寧にウォーマーがかぶせらえた紅茶と一つ一つが丁寧だ。

紅茶を頼んだら、ポットにカワイイカバーが!
椿の花の刺繍が施されている・・・・

優雅なポット。3杯は飲めたと思う。最後まで暖かいお茶っていいな。

ずっしりと重い銀のカトラリー。

優雅な銀座のカフェタイムが楽しめた。

 

ケーキは種類が多い!

こちら、椿屋珈琲店は、ケーキもオリジナルで作っている。
これが実はどれも美味しいの。

 

ガラスケースに入っているオリジナルケーキ。

ベルギー産のチョコを使ったチョコレートケーキがおすすめ!
本当に美味しくて驚くはずだ。

 

椿屋珈琲店は都内にたくさんある

こちら、銀座が本店だが
ジワジワ増えている。

 

「●●茶寮」という名前がいいね~

また、「離れ」という名前も付いている。

 

あくまで 古き良き時代を 大切にしている
お店のコンセプトが貫かれている。

 

池袋、とか神楽坂、とか
出店する場所も カタイ。

 

代官山とか表参道とかに 出来ないのが
かえって 椿屋珈琲店らしいな。

 

椿屋珈琲店 銀座本店 営業時間は?

こちら、朝は10時からやっている。

 

驚くのは平日は 朝の4:30まで営業している!!!

 

びっくり!!

 

さすが 日本が誇る不夜城、銀座だ。

 

要するに クラブで飲んで
アフターの最後にケーキとか食べたりする人のために
こんなに夜遅くまでやっているのだろうか・・・?

 

一度、終電も終わった夜の2:00頃に来てみたい。
どんな客層なんだろう・・・・・??

 

知っている方いらっしゃたら 是非お知らせください (^O^)/

 

注意:夜23:00以降は別途サービス料20パーセントが
プラスされるそうです。

 

椿屋珈琲店 銀座本店の 行き方は?アクセスは?

 

こちらは 銀座駅、新橋駅から徒歩圏内。
メインの大通りから1本はいったところ。

 

入り口にこんな立て看板があるので見つけやすいかな。

 

 

銀座七丁目花椿通り 椿屋珈琲店本店の地図はこちら↓↓

 

■MAP表示■
右上の□をクリックすると全画面に切り替えになります。

東京都中央区銀座7-7-11

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました