ザ・カフェbyアマンのモーニング! アマン東京の1Fにある 緑に囲まれたカジュアルなカフェで朝ご飯

アマン東京は1Fにややカジュアルなカフェがあるのをご存知ですか?

気軽に1000円ぐらいで優雅なモーニングが楽しめます!
実際に訪問してきたのでレビューします。

ザカフェbyアマンは どこにあるの?

 

ザカフェbyアマンの地図はこちら ↓↓

 

■MAP表示■
右上の□をクリックすると全画面に切り替えになります。

東京都千代田区大手町1-5-6

ザ・カフェアマンは ホテル アマン東京の1Fにあるカフェ

アマン東京。

 

それは大手町にある超高級ホテル。

 

東京にはたくさんの一流ホテルがあるが、その中でも特別ひときわ、スペシャル。他とは違う空気流れるスノッブなホテルである。正直、スパを受けたり、宿泊したりしてみたいが、そのお値段にビビる。

 

よって中のレストランやラウンジカフェをまずは利用する、というのが庶民のやり方である。(笑)

 

ただ、有名なアマン東京の33Fのラウンジは、一人で利用するのはちょっとサミチイ。

 

(いや海外からのお客様や キリっとスーツ姿のビジネスマンは堂々と一人でも
ゆったりお茶をしている姿が見受けられるが)

 

ところが、こちらの 敷地内1Fにある「カフェアマン」は一人でも気軽にお茶をしたり、モーニングをしたりするのにぴったりのカフェレストランなのである。

ザ・カフェアマンは平日は朝7:00~営業! モーニングが楽しめる!

こちらのカフェがいいところは最近始まった モーニング。(平日のみ)朝から営業しているところ。

 

7:00~飲み物とヨーグルト、デニッシュなどが軽く注文できるのである。

 

ザ・カフェbyアマンのメニューは?

カフェの入り口に掲示してあったメニュー。

 

いつものように字が小さい・・・(笑)

 

大体ざっくり説明すると

 

 

・飲み物 500円

・パン(デニッシュ) 350円

・ヨーグルト  350円

・ジュース 1000円

という金額だ。(税別、サービス料15%は別途)

 

ホテルのカフェってコーヒーが1000円とか1500円とかザラ。それに比べてモーニングの時間、ここは良心的な金額だ。

店内のメニュー表

ソフトドリンクは、コーヒーでもカフェオレでもスプレッソでも
均一500円。珍しい設定。

メニューの裏側。パンやサンドイッチ。

キッシュが500円。キッシュがメニューにあるホテルって珍しい。ヨーグルトがあるのも珍しいなあ。こんど食べてみよ。

ザ・カフェアマンの内装はどんな雰囲気?

こちらのカフェはとにかく緑に囲まれている。この森、「大手森」という名前が付いている。3面ガラス張りなので、光が入り、緑が楽しめる。

店内はそんなには広くない。

カウンターには美味しそうなデニッシュやジュースが並び、
見ていて楽しい。

OPENキッチンなので、やや雑然とした感じだが、
それもカジュアルな雰囲気を出していていい感じだ。

ザ・カフェアマンはテラスがある!

こちらのカフェはテラスがある。

 

周りが大手森と名前が付いたかなーり緑豊かなスペースなので、まるで軽井沢にあるレストランのような?そんな気分が味わえる。

 

まわりは超オフィス街。高層ビル。大都会。東京駅はすごそこ。それが信じられないくらい緑が豊かなテラス席である。寒くなると暖房機がスイッチONされかなり暖かい。

 

最近の東京のテラス席はこの暖房機(正式名称はなんじゃらほい?)が必ず置いてあり、冬でも快適にテラス席が楽しめるカフェがどんどん増えている。

 

実は東京って冬は晴れている。あまり雨が降らない。よって気温さえコントロールできればテラス席って結構楽しめるのだ。

 

そもそも 家賃地代の高い東京においてテラス席を作ったが最後、寒くてもそこを利用してもらえないと無駄になるしね・・(でも最近の猛暑で夏は無理かも?)

 

ザ・カフェアマンのモーニングはどんな感じ?

こちら注文したカフェオレとパンオレザン(レーズンが入ったデニッシュ)。

コーヒーとカフェオレの値段が一緒なのは珍しい。

ちゃんとおしぼりもついて、さすがホテルのカフェである。

美味しいカフェオレとデニッシュ。
外は都会の森。緑が見えて、ちょっとしたリゾート気分。

 

このメニューで合計税込み、サービス料込で1055円だった。

 

まあ、この緑豊かなレストラン、サービス。妥当かな。。。

 

朝はサービス料を無料にしたら?

 

そうだと1000円以内でモーニング。となる。絶対 もっと流行ると思いますけど?(←えらそう)

 

ザ・カフェアマンは混雑しているの?

こちら、ランチ時は平日でもかなり混雑していると思われる。ただ、訪問したのが平日の9:00過ぎ。

 

ガラガラだった。

 

もうビジネスマンは働いているし、暇な人も、わざわざこの大手町のホテルのカフェに
1000円以上する朝メニューを食べに来る人も少ないのだろうな。。。

 

(↑↑ 私だけ???)

 

ただ、ゴミゴミしたファストフード系のカフェや、セルフ式のカフェを嫌うエグゼクティブなビジネスマンは、ここで仕事前のコーヒーを飲む人はいると思う。

 

優雅なホテルのカフェの朝、満喫。

 

トイレはホテルの入り口のパウダールームを利用

お手洗いチェックもカフェ訪問の必須項目。

 

帰り際に聞いたら、ホテルの入り口のパウダールームを案内された。
アマン東京のメイン玄関わきにあるトイレである。

オッサレー♪

アマン東京はだいたいがこのようにモノトーンの内装。
シャープ、モダン。辛口。

ザ・カフェアマンのアクセスは?

こちら、大手町の駅から歩いてすぐ。大手町タワーという高層ビルの1Fにある。

 

アマン東京はこの大手町タワーというビルの上層階にあるが、このカフェだけは1Fの緑豊かな森の中にあるのだ。

 

↓↓入り口。 人力車が気になる気になる・・・・(謎)

大手町駅からこの緑の森を歩く

↓↓森の奥の一軒家、という感じでカフェはある。ワクワク。

 

カフェの入口。

 

カフェアマンの営業時間は? ランチは?ディナーは?

こちらのカフェは、オールデイダイニング。

 

よって朝ご飯タイムが終わるとすぐさまランチタイム。ランチが終わるとティータイム。夜はかなり本格的なコース料理が供されるレストランになる。

 

夜は夜で緑の木々はライトアップされ、ロマンチック。

 

アマン東京のレストランはかなり敷居が高いが、こちらのカフェレストランは、コースの金額でディナーでも5000円~とか7000円~とか。

 

街中のレストランと同じぐらいで、比較的 利用しやすいね。

 

でもサービスはさすがホテルでキリっとしているし、なんといっても場所がいい。

 

お茶したり、食事したりした後は、綺麗にライトアップされた丸の内の仲通りをウインドウショッピングするのがお勧め。丸ビルもあるし、新丸ビルもある。歩いていくとあっという間に有楽町・銀座。

 

天気のいい日の朝。ホテルアマン東京のカフェで優雅なモーニングカフェ。そこからスタートすれば 気分のいい一日になること間違いなし!

 

一人でも早起きに付き合ってくれる人とでも。

 

ご訪問を。

 

お出かけ前は念のため
公式ホームページでご確認を。

ホテルのラウンジカフェ お勧めは?

東京都内の高級ホテルのラウンジカフェを巡っています。

↓ こちらの記事をどうぞ ↓

ホテルのラウンジ お勧めまとめ記事

インスタなど、ネットから拾ってきた口コミを引用しているまとめサイトと違って、全部、自腹で自足で訪問してレビューしています!(^O^)/

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました