【ホテルのラウンジ】帝国ホテル東京のラウンジで朝食を!

帝国ホテルは日本が誇る老舗高級ホテル。

1Fのラウンジってお茶するのにどうかな?雰囲気は?値段は?メニューは?
改めて訪問してきた。

 

帝国ホテル アクセスは? 地下鉄の出口は何番?

■MAP表示

東京都千代田区内幸町1-1-1

 

地下鉄はA13番出口が正面玄関のすぐ脇に出るので便利!

 

↓A13番出口でたら この立派な表示が見える。

帝国ホテル東京 内装は?ラウンジの雰囲気は?

帝国ホテルは老舗の超有名なホテルだ。

 

その威厳さ、上品さはさすが、という感じのロビー。

 

ラウンジは1Fのメインロビーすぐ脇にある

入りやすいOPENな作りで、天井がものすごく高いので解放感がある。

 

1Fのラウンジの雰囲気は?

正面に張られた美しいタイルが圧巻。間接照明に照らされている。

お花もエレガントに。

帝国ホテルラウンジのメニューは何がある?

光ってしまったけど。入り口に掲げられたメニュー。

さすがのコーヒー 1杯 1380円!(税込みだけど サービス料別!

 

ホテルのラウンジってやっぱり飲み物が高い。
というか、まあ、場所代ですからね。(笑)

テーブルに案内されると置かれるメニュー。

ケーキセットは2300円。その他洒落た飲み物も色々。

アフタヌーンティーセットもある

アフタヌーンセットもある。

昨今、ホテルはアフタヌーンティーセットをどこも必ず用意している。帝国ホテルはお値段良心的だなあ。シャンパン付きだと平気で7000円、8000円するところが多いのに。4800円だって。

オールディ注文できるメニュー

本日は朝食目当て。
このラウンジは朝9:00~営業しているので
朝ごはんとしてサンドイッチを頼んでみた。

 

ブレンドコーヒーが来た。

ちゃんと、布のおしぼりと白いナフキンが来る当たり、
さすがホテルのラウンジと言う感じがしてホッとする。
ちなみにスプーンやフォークはシルバー。

 

ミックスサンドイッチ到着。

 

・・・・ポテトチップス。要らないかも 汗

 

ポテトチップスなんて、庶民ぽくてイマイチじゃないだろうか?
あぶらと塩だし。

 

備え付けのピクルスもすごくショッパかった。
サンドイッチはその分、すごく薄味。
塩分控えなくてはいけないオジサマたちのためにそうしているのかしら?

 

↓この添えらえているソルト&ペッパーも謎。
サラダもついていないし、
このサンドイッチに塩コショウするのって
すごく難しいと思うが・・・・・

結局ポテトチップスは残した。
少しでいいから 洒落た野菜のサラダの方が良かったかな。

帝国ホテルのラウンジ サービス料は?

 

毎回、ホテルのカフェに限って公開している伝票。
サービス料は10パーセント! 良心的。
まあ、朝食にしては割高感半端ないですね。(笑)

 

シャングリラホテルの朝食の方がずっと良かった。

 

帝国ホテル 古びた感がいなめない?

ビシッと整えらた空間であることはまちがない。
スタッフの方の身のこなしもキビキビ。

 

でも正直、ホテル自体かなり古い。
ラウンジの家具もちょっと 古臭いかなと思う。

↑ 椅子も 味わいが出ている、というと聞こえはいいが、
アームの部分が剥げていて、これはいただけない。貧乏くさい。
街中のキタナイ ファミリーレストランのようだと思う。

 

こういうの、家具職人がすぐ塗装しなおして
直せると思うけどなあ。

帝国ホテル東京 朝食は4か所のレストランで食べられる

 

帝国ホテルは、朝食を食べようと思うと、
4か所のレストランで食べられる。

①メインレストラン レセゾン(コース仕立ての朝食)
②パークサイドダイナー(パンケーキセットなどの朝食)
ランデブーラウンジ(アラカルトの他ペストリーのセット朝食あり)
④インペリアルバイキング サール(ビュッフェ朝食)

 

パンケーキなど、朝食らしいものを楽しみたいなら
②のサイドパークがお勧め。お値段も3000円代。
②のパークサイドダイナーは、テイクアウトのコーヒーもあり、朝7:00からやっているので、近辺のオフィス街のビジネスマンやOLさんもたまの贅沢で立ち寄れそう。

 

今回訪問は③のランデブーラウンジだ。

 

平日の9:00~11:00だと
パンとコーヒーのセット、2160円というお得メニューもある。

 

ちなみに、今日食べたミックスサンドイッチは、
セット料金でお得にはならないので注意。(勘違いしていた私・・)

 

東京のホテル 新しさを求めるか 古さを伝統とみるか?

 

このカフェブログでは、コツコツ都内の一流ホテルのラウンジを巡って、

 

「そのホテルの ラウンジでお茶、どう?」

 

というテーマで、あまりがっつり食事やお料理には敢えて触れずに
ラウンジでお茶するなら、というテーマで訪問している。

 

ここ、帝国ホテル東京は、さすがに落ち着きと格調高さは感じられるものの、東京に最近OPENしたホテルに比べると

 

古い。

 

という印象をどうしてもぬぐえない私。

 

アマン東京とか

 

アンダーズ東京ホテルとか

 

訪問した瞬間に、「わああああああ」ってなるトキメキとオシャレさ。
出てくる食器やテーブルセッティングへの驚き。

 

それが帝国ホテルのラウンジには残念ながらない。。。。

 

サービスの安定さやホスピタリティ、
メインダイニングのフレンチレストランの素晴らしさなど、
他のホテルよりもはるかに秀でている点は多数があるのかもしれないが。

 

ラウンジでお茶

 

とういう点では特に特筆すべきものがあまりないように思う。

 

そもそも、日比谷界隈には

 

ペニンシュラ東京もあるし、
日比谷ミッドタウンもあるし、

 

お茶するところには困らない立地だ。

 

それでも平日の10;00過ぎには
このラウンジは半分以上席が埋まっていた。

 

年齢高め。
どちらかというと商談?ビジネス談話?

 

とういう感じでの利用が多そう。

 

「安心・安定の帝国ホテル」

 

とう感じなのかもしれない。

 

帝国ホテル東京 ラウンジの営業時間は?

 

9:00~25:00 (ラストオーダー)。

 

朝は9:00からなので、
遅めの朝食、と言う感じで利用も可能。

 

定休日はもちろんナシ。ホテルだから。

 

ここは逆に夜にしっとりとお酒でも飲む方がいい
ラウンジかもしれない。

 

光さんさん、と言う感じでもないしね。

帝国ホテル東京 旧ライト館の記憶

話がカフェからずれる。

 

帝国ホテルは、建築史的にも有名だ。

古い古い、とディスってしまったが、実は、現在日比谷に建っているのは新しい建物で、愛知県の明治村に移設された旧帝国ホテルの建物は、世界三大巨匠と言われたアメリカの建築家、フランクロイドライト氏の設計。

その旧建物のロビーにあった壁の再現版が、現在でも帝国ホテルのロビーにある。大谷石の薄いグリーンが綺麗な壁だ。

 

建築事務所に勤める友人や住宅の設計を生業にしている知り合いなど、
「ライトの設計は・・・」と語りだしたら止まらない人が多い。

 

そういった建築に興味のある人にとって、ここ帝国ホテルは、「古さ」というよりは、古き良きライトの記憶、という波となって胸を打つものなのかもしれない。

 

ロビーの家具なども、どこかフランクロイドライトのデザインを踏襲しているものが多いように思う。

 

「なんか 古臭いな~ 昔っぽい!!」

 

と言ったら怒られてしまうのかもしれない。
でもトイレとかやっぱり一昔前に流行った内装だと思う。。。。汗

 

なんか辛らつなレビューになってしまったが、汗帝国ホテルは友人の結婚式や、
メインダイニング レセゾンでディナーもしたことがあり、素晴らしい思い出が沢山ある。

 

そのサービスの完璧さは誰もが知るところ。
各界のVIPも泊まる日本が誇るホテルだ。

 

だからこそ、ラウンジのカフェメニューはもうちっと、新しい、ワクワクする仕掛けがあってもいいんでは・・・と思ったりする。

 

海外の方も来るだろうから、南部鉄器で供される和菓子セット、とか。

セルリアンタワーの坐忘みたく。

 

ま、変わらない、コンサバなメニューをずっと貫くところが現在建て替え中のホテルオークラ同様、日本の老舗ホテルの誇りなのかもしれないなあ。

 

でも椅子のハゲと傷は直した方がいいと思う。(←しつこい)

 

以上、帝国ホテルのラウンジのレビュー。

 

実際に訪問したからこそ
書けることがあるのが
カフェブログの役割だと思うので。

 

本音満載の口コミ、ということでご容赦を。

ホテルのラウンジお勧め まとめました!

↓↓まとめ記事 都内一流ホテルのラウンジ ランキング↓↓

ホテルのラウンジ おすすめは? 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました